つわりの症状・いつまで続くのか

今現在、妊娠中でつわりがひどくてつらい方、多くいらっしゃると思います。

私は3人の子供を持つ母親です。

一人目の妊娠時は、一日中吐いてしまい、夜中に病院で点滴を受けたこともありました。

嘔吐を繰り返すうちに、喉が傷つき血まで出てしまったこともあります。

妊娠中、ずっと妊娠の解説本を見ながら、いつになったらつわりが終わるのか心待ちにしていたことを懐かしく思います。

私の母は、私と妹を妊娠していたときにひどくつわりを感じていましたが、妊娠5カ月目のある朝、昨日までの吐き気が突然なくなり、食欲が増したと言っていました。

残念ながら、私は出産するまで不快感は取れなかったのですが、5カ月目くらいから症状が徐々に薄れていったように思います。

2人目・3人目の妊娠ではつわりを感じる前から、吐き気に効く食べ物を積極的に摂取するなどの対策をとりました。

上の子のお世話などがあり、不快感に集中している時間が少ないのもあるかもしれませんが、1人目よりは楽に過ごすことができました。

つわりの時期は、妊娠4週から16週までが一般的で、ピークは8~12週に感じる人が多いようです。

「吐きつわり」

と「食べつわり」

があり、何も食べ物を受け入れられないタイプの人と、何かを口にしていないと不快な症状が出てきてしまうタイプの人がいます。

においに敏感になることも多く、私も香りの強いボディソープがダメで、買い換えました。

食品売り場のにおいがダメな人は、旦那さんに買い物をお願いしたという話も耳にしました。

眠気が強い人・よだれが多く出てティッシュが欠かせない人・頭痛がひどい人など不快な症状も様々です。

症状によって無理はできませんが、気分転換も必要です。

散歩をしてみる・アロマを試してみる(ラベンダーなどは子宮の収縮効果があり使えないので、店員さんに聞いてみましょう)・睡眠を多めにとるなど工夫をしてみるのが良いと思います。

ストレスから症状が悪化してしまうこともあるので、家事などは完全にこなせなくても仕方がないと思えるような気楽さも必要だと思います。

下着の締め付けが、症状悪化につながることもあるので、お腹が大きくなる前でも、ゆったりとした服装もおすすめです。