どうしてつわりが起きるのか・つわりに効くツボ

ドラッグストアでは、妊娠を簡易的に調べる妊娠検査薬(生理予定日用・生理1週間後用)が売っています。

私もこの妊娠検査薬でチェックしてから、産婦人科へ行きました。

この妊娠検査薬のチェックで重要な、尿に含まれる絨毛性ゴナドトロビン(hCG)がつわりに影響していると考えられています。

黄体ホルモン・hCGの変化が急激で身体がついて行けず、症状が出るのではないかと言われています。

胎盤が完全に成熟できるまでの間は、胎児を異物であると認識しているのではないか。

急激な身体の変化に自律神経のバランスが崩れてしまっているのではないか。

流産を防ぐために母体を休めようとしている。

つわりで妊娠に気づかせて、薬の服用や食生活の改善をしていくためのものではないかとも言われています。

人類が誕生してから、ずっと妊娠と出産を繰り返してきていますが、直接的な原因は解明されていません。

つわりは人間だけでなく、犬・猫・サル・ゴリラなどにもみられるようです。

ペットの犬がつわりになって吐いていても、調子が悪いから吐いていると勘違いしてしまいそうです。

妊娠が分かって嬉しいはずなのに、朝起きてから寝るまでずっと不快な吐き気などを抱えて過ごすのは、とてもつらいことです。

同じ妊娠を経験していても、つわりのない人もいて理解してもらえない時には、さらに残念な気持ちになります。

食事や散歩など色々試している方も、ぜひ試してほしい方法があります。

ツボ押しです。

体調の良いときに試してみて下さい。

まず初めに有名なツボ「内関(ないかん)」

手のひらを表にして、手首から指3本分ほどの位置にあるツボです。

強く押す必要はないので、程よい刺激になるように押してみて下さい。

乗り物酔いにも効くそうです。

胃のむかつきや吐き気に効くツボは「裏内庭(うらないてい)」

です。

足の裏で人差し指を曲げて、先端が付くくらいの位置にあります。

ここにお灸を据えるのもつわりに効果があるようです。

胃もたれやムカつきに効果があるのが「足の三里」

です。

立った状態で膝の内側に指4本分ほど下りたところにあるツボです。

においに敏感になり吐き気がつらい人にオススメです。